モテないのはこれが原因? 着こなすのが難しいファッションについてまとめてみた!

ファッション

道行く人に似合っている服装を見て、すぐに取り入れようとしてませんか?

 

流行ってるお洒落なファッションをカッコ良く着こなして歩いている人を目にすると、真似したくなる事ってありますよね。

けれど、少し待って下さい。そのファッション、本当に上手く着こなせていますか?

人によって身長や体型、髪型から顔のタイプにいたるまで様々です。今回は似合っている人はお洒落でカッコ良くみえるけれど、何も考えずに着てしまうと凄くダサくなってしまう。そんな着こなすのが難しいファッションを5つ紹介しようと思います。

 

その1:サルエルパンツ

最近はあまり見かけませんが、一時期流行っていた服装であるサルエルパンツ。

サルエルパンツとは股下が分かれておらず、ゆったりとしたイメージを与えるパンツです。

スカートとパンツの中間的な感じですね。一般的には通常のパンツよりも足が短く見えるため、着こなすためには何より身長、もしくはスタイルの良さが必要だと言われています。

 

また「可愛い」イメージを与える服装なため、漢らしいタイプの男性よりは中性的なタイプの男性の方が似合います。

同時に多くの人がサルエルパンツをチャラい服装だと考えていることが多いため、真面目なタイプの男性が着た場合、悪い意味でのギャップを与えることになりかねません

身長やスタイルに自信がなくてもサルエルパンツを着たい!という方は上半身をタイトにしたり、足元にボリュームをもたせてバランスを取るようにする事が大切です。

 

MEMO
  • がっしりしたタイプより中性性なタイプの方が似合いやすい
  • サルエルパンツはチャラい印象を与えやすい
  • 上半身をタイトに、足元にボリュームを持たせればバランスを取りやすい

 

その2:ショートパンツ

ショートパンツ

真夏の蒸し暑い日などに、涼しくて動きやすい事から多くの男性に人気のショートパンツ。

ショートパンツとは、いわゆる短パンのことで膝上から膝下まで長さの度合いは様々です。膝下のショートパンツはハーフパンツとも呼ばれます。

女性の場合、ショートパンツよりも更に短いホットパンツを履いていても不快な印象は無いですよね。むしろ、男性からすれば嬉しいとさえ思うでしょう。

一方、男性がショートパンツを履くと気持ち悪いと言われる事があります。その一番大きな原因はすね毛です。すね毛が濃いければ濃いほどに、ショートパンツを履いた時の女性に対するウケは悪くなるでしょう。

 

またシルエットにも気をつけるようにしましょう。

幅が狭くピッタリとしたものは悪い印象を与えがち。ゆったりとしたリラックス感のあるシルエットであれば、涼しげで爽やかに見えます。また全体的に綺麗めなファッションに統一することで、より好印象を与える事ができると思います。

 

最後に肌の露出面積にも注意しましょう。

半袖、短パンでは子供っぽい格好に見えますし、その上すね毛が濃ければ最悪です。下半身の肌露出面積が増えている分、上半身を減らせばバランスよく決まります。快適な涼しさを若干犠牲にしてしまうことにはなるのですが、ショートパンツを履く時には長袖を羽織る事でお洒落な印象を相手に与えやすくなるでしょう。

 

MEMO
  • ショートパンツを履くときには、すね毛の手入れをすることが大事です
  • ボディラインが分からないような幅広のシルエットにすることをオススメします
  • 下半身の肌の露出面積が多い分、上半身は露出面積を少なくしてバランスを取りましょう

 

その3:ジャラジャラとしたアクセサリー

シルバーアクセ

ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーをジャラジャラと身に着けるスタイル。

ファッションに自由な大学生に多い気がしますね。

 

これもまた多くの女性には不評のようです。

理由はチャラそうに見えるナルシストっぽいという意見が多いですね。ビジュアル系やホスト系を目指しているならばアリだとは思いますが、そうでなければアクセサリーの派手さや身に着ける数には気をつけた方が良さそうです。

 

とはいえ、一つや二つのアクセサリーは逆に良い印象を与えます

特に全身的にシンプルな服装なのであれば、上手くピンポイントにアクセサリーを使えばとてもお洒落に見えるでしょう。基本的にはファッションのタイプに関係なく、派手よりはシンプルに纏まっている方が多くの人に好印象を与えることができると思います。

 

MEMO
  • アクセサリーの種類によってはチャラそうな印象を与えます
  • ジャラジャラと沢山つけず、ピンポイントに使用すれば好印象です

 

その4:ロングコート

ロングコート

冬の寒い日には暖かいコートは必需品です。

中でもロングコートはファッション雑誌のモデルを見るとすごくカッコ良く着こなしているため、憧れを感じている方も多いと思います。一方、身長やスタイル、シルエットで大きく見栄えの良さが左右されるため、尻込みしている人も多いのではないでしょうか?

 

確かにロングコートは高身長で細身の男性であれば、より一層似合います。

けれど、何より大切なのは体型ではなく、サイズの選択です。

オーバーサイズにならないように注意して、出来る限り細身のストレートシルエットのロングコートを選ぶことが大切です。また、身長に自信のない方は体がほとんど隠れてしまうようなコートの選択は避けて、ひざ丈程度の長さのコートにすることでメリハリのある着こなしにすることが出来ます

 

また特にこだわりがないのであれば、ステンカラーコートが一番おすすめです。

流行りのチェスターコートなどは顔周りの印象が薄く、インナーにこだわらないと様になりにくいので着こなすのが難しいです。

 

MEMO
  • 最も大事なのはサイズの選択です。細身のストレートシルエットのロングコートを選びましょう
  • 身長に自信がなければ、ひざ丈程度の長さのコートを選びましょう
  • 特にこだわりがなければ、ステンカラーコートは無難に着こなせるのでオススメです

 

その5:スキニーパンツ

スキニーパンツ

細くスラっとしてスタイルが良く見えるスキニーパンツ。

好んで履いている方も多いでしょう。けれど男のピチピチとしたスキニーはあまり好きじゃないという女性が多いのも、また事実です。

 

スキニーパンツは何より人を選ぶアイテムです。

筋肉質で足が太い男性では、よりピチピチとして窮屈な印象を与えやすく、見栄えが悪くなりやすいです。逆にスキニーパンツは、細身な男性ほど似合います

 

またサイズの選択も大切です。

スキニーパンツはストレッチ加工されているものが多く、細いサイズであっても意外と窮屈さを感じることなく履くことが出来ます。しかし、見た目に窮屈な印象を与えないためにも、少しサイズを大きめにすることが大切です。特に太もも周囲は体のラインがぴったりと出やすいので、冬場であればアウターで隠してあげるのも良いでしょう。

 

最後にスキニーパンツを選ぶ時には、黒色を選ぶのが無難です。

ただでさえシルエットで目立ちやすいので、柄物や派手な色合いのものはパンツの主張が強くなり過ぎるので注意が必要です。

 

MEMO
  • スキニーパンツは、細身な男性の方が似合いやすいです
  • サイズはギリギリではなく、少し大きめを選ぶようにしましょう
  • まずは黒色を選ぶのが無難。慣れてから個性を出していきましょう

 

まとめ

以上、着こなすのが難しいファッション5選でした。

結局のところ、ファッションは自分が楽しむのが一番で、相手にどう思われるかは二の次でいいと思います。

けれどせっかく好きなコーデを着るのであれば、出来るなら相手からよく似合ってると思われたいものです。

ここで書かれたことが全てではないですが、少しでも役に立つことが出来たならば幸いです。ファッションはサイズ選びや上下のバランスに少し配慮するだけで、与える印象も大きく変えることが出来ます。

自分に合ったベストなコーデを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です