女性とうまく会話が出来ない人必読! 女性への苦手意識を克服するための5つの方法

女性苦手意識

女の子と話す機会はあっても、緊張してしまって上手く言葉が出てこない。

そんな風に思ったことはないでしょうか?

男子高出身者など、これまで女性と関わる機会が少なかった方の中には、女性に対する苦手意識を持っている人も少なくありません。

 

もちろん一言に「女性が苦手」と言っても、その理由は様々です。

けれど理由が何であれ、女性への苦手意識を克服したいと考えている人ほど、余計に意識してしまって行動が空回りしてしまいます。そして、その結果ますます自信を失ってしまうのです。

 

では、どうしたらその苦手意識を克服できるのでしょうか。

今回は、女性への苦手意識を克服したいとは思っているけれども、どうやって克服したらいいのかわからないという方に向けて、その方法をご紹介して行きたいと思います。

 

その1:自意識過剰になりすぎない

自意識過剰

女性に対して苦手意識がある人は、もともと女性に対して自意識過剰という事があります。

女性の一挙手一投足に対して、行動の意味を考える。

笑顔や優しさなどプラスの行動は全て好意と結びつけ、無表情や素っ気ない態度などのマイナスの行動は全て嫌悪と結びつけてしまうのです。

当然、その日の気分次第で女性の対応や行動なんていくらでも変わるものです。イライラしてたら誰が相手でも素っ気なくなりますし、いい事があれば自然に笑顔を見せてくれます。

 

大事なのは、女性の行動に深く意味を求め過ぎないことです。

自分が女性を意識していたとしても、相手も自分のことを意識しているとは限りません。

女性の感情の変化を自分と結びつけるのではなく、「今日は優しいけど、何か良いことでもあったのかな?」とか「今日は機嫌悪いな。何か仕事でトラブルでもあったのかな?」みたいに自分以外の出来事と結びつけるようにしましょう。

良い意味でも悪い意味でも、女性にとって自分が「特別な存在」になることは非常に稀であることを理解にすれば、女性に対する苦手意識もすぐに改善してくると思います。

 

その2:女性に嫌われる可能性を恐れない

NG

女性に苦手意識を持つ男性は、心の中で女性に嫌われることを極度に恐れている場合が多いです。

下手な事を話して悪い印象を持たれてしまったらどうしよう、変な行動を取ってしまって後で女性達の間で陰口を叩かれてしまったらどうしよう。自覚の有無にかかわらず、そんな事をつい思い浮かべてしまうのです。

女性の目を気にし過ぎた結果、どうしても男友達と接する時のように自然とコミュニケーションを取ることができず、ますます苦手意識が植え付けられてしまいます。

そして、誰でも苦手な事からは遠ざかりたいので、無意識の内に女性を避けてしまうのです。

大事なのは、あまり女性に対して特別意識を持たず、男友達と同じように気楽に接することです。素の自分を出して、それでも嫌われたならタイプが合わなかったから仕方ないと開き直る。それくらいの図太さで話しかけるようにすれば、女性に対する苦手意識もすぐに改善してくると思います。

 

その3:積極的に女性と接してみる

ナンパ

女性に対する苦手意識がある人の多くは、これまでの環境において、あまり女性と接する機会がなかったのだと思います。

男子高出身などで女の子に興味はあったけれど話せなかったという人もいれば、共学で女の子と話す機会はあったけれど男同士でつるんでる方が楽しかったという人もいるでしょう。いずれにしても頭の中でゴチャゴチャと対策を練るより、どんどん女性と接する機会を持って、女性と接することに慣れるようにしましょう。

 

環境の変化にすぐ適応できることが人間の最大の強みです。

英語を話せるようになりたいならば日本で勉強するよりも、アメリカに直接行って、少しでも暮らしてみた方が圧倒的に覚えが早いです。同様に、積極的に女性のいる環境に身を置けば、最初は苦労するかもしれませんが、すぐに慣れてきます

接客系のアルバイト、男女混合の社会人サークルなどは最適な出会いの場であり、異性と話をする機会が沢山あります。また職場でも、女性スタッフに一言だけでも声をかけるように意識したりと、ちょっとしたきっかけを生かして、少しづつ女性と接する機会を増やして行きましょう。

 

その4:自己研鑽に励み、自信をつける

自信

女性に苦手意識を持つ男性の特徴の一つに、自分に自信がないという事も挙げられます。

自分に自信がない理由は、外見がかっこよくない・身長が低い・収入が低いといった、女性から見て人気のあるタイプとは逆のタイプであったり、もしくは消極的、ネガティブな性格の持ち主であることが多いです。自分に自信が持てないがために、どう思われているんだろうかと深刻に考えすぎてしまい、つい女性に対して苦手意識を持ってしまうのです。

まずは仕事に全力で打ち込んだり、ダイエットやスキンケア、お洒落を勉強して自分磨きを頑張る、何か大きな目標を達成するなどして、自分に対して自信をつけることが大切です

そうする事で抱いていた劣等感から解放され、結果として女性が苦手ということもなくなっていくと思います。

 

その5:とにかく女性に慣れる

自分を信じろ

最後に紹介するのは「無理にでも女性に慣れる」という方法です。

先述したような意識改革と同時進行で、できるだけ女性と接する機会を増やしましょう

合コンや街コンといった一期一会の出会いを利用すれば、いくらでも女性と話すことが出来ますし、ラウンジやガールズバーなどのお店を利用して、まずはプロの女性相手で練習するのもありでしょう。

女性が担当している美容院で自分に似合いそうな髪型の相談をしてみてもいいかもしれません。女性に慣れる練習が出来るのと同時に、自分を磨くチャンスにもなります。

女性と接することが特別なことでなくなれば、自然に苦手意識は薄れていくはずです。

 

まとめ

以上、女性への苦手意識を克服する方法についてでした。

対人関係の悩みは解決するのが難しいですが、同時にしっかりと意識して取り組めば必ず改善していきます。

少しづつでも苦手意識をなくして、より女性とのコミュニケーションをスムーズに取れるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です