本当にもう駄目なのか? 物事を諦める前に確認するべき5つの項目

諦める

新しいことにチャレンジすることは、楽しいことではありますが、その全てで良い結果が出るとは限りません。

「人生山あり谷あり」という言葉にもある通り、上手くいくこともあれば、上手くいかないこともあるのが人生です。けれど、自分では精一杯頑張ってみても全然良い結果が得られない時、こんな風に思ってしまうことはないですか?

 

「もう駄目だ……全然うまくいかないし、止めちゃおうかな」

誰しもが一度は経験したことがあると思います。

勉強で、スポーツで、仕事で、恋愛で。

上手く結果が出ている時はいいでしょう。次へ次へと進んでいけるのですから。

 

問題は全く上手くいかない時です。

時間を掛ければいいのか? 才能がないのか? 努力が足りないのか?

原因が分かれば話が早いのですが、そんなに簡単にいくほど甘くはありません。

 

そんな時、僕たちは2つの選択を迫られることになります。

頑張って結果が出るまで続けてみるのか? それとも、もう駄目だと諦めて次へと進むのか?

頑張って、頑張って、それでも結果が出ない可能性もあるかもしれません。

諦めることは簡単です。けれど、もしかしたら将来諦めたことについて後悔する日が来るかもしれません。

 

どちらが正しいのかなんて、誰にも分からないのです。

だからこそ今回、僕はこれまでの経験から、これから先なるべく後悔しない未来を生きるために、物事を諦める前に確認しておくべきことについて、まとめてみることにしました。

 

その1 諦める前に、正しい努力をしたか確認する

努力

まず前提として考えるべき項目です。

「努力なしに結果が出ることはない」

なんて言葉もありますが、意外とそんなことはないですよね。

もちろん目標とするべき結果のレベルにもよりますが、物事の多くは段階を踏んで成長していきます。段階の過程で小さな結果がいくつもあって、その後に最終的な目標があるというのが一般的でしょう。

小さな結果を出すのにも十分な努力を要するようなことは、そんなに多くないと思います

そして小さくても結果が出れば、ほとんどの人はその先を目指して頑張ることが出来ます。

 

ですが、中には努力をしても全く、それこそ小さな結果すらも出ない時もあります。

なぜ、そんなことが起こるのでしょうか?

僕はそんな時、2つのことを確認するべきだと思います。

 

1つ目は、努力の仕方が間違っていないかです。

ありがちなのはいきなり応用から入っているパターン。

つまり、学ぶべき段階を飛ばそうとしているから結果が出ないということですね。しっかりと基礎を学んで力をつけてから応用に入らなければ、当然結果はついてきません。

これはスポーツや勉強で上手くいかない人にありがちですね。

けれど、このパターンは考え方を変えればすぐに結果が出る可能性があります。簡単なことから、着実に結果を積み上げていくことを意識しておくことが大切ですね。

 

2つ目は、努力の方向性がズレていないかです。

真面目に努力しているけれども、なかなか結果が出ないパターンがこれに当たります。

例えば暗記科目の勉強で、その本質を理解しようとせずに丸暗記で解決しようとするタイプですね。

頑張っているのは分かりますが、このパターンでは結果を出すのが難しいです。特に一人で悩んでいる限り、ずっと結果が出ない可能性もあります。なぜなら、そもそも努力の仕方を勘違いしている可能性があるからです。解決策として客観的に判断できる第三者、例えば先輩、先生、上司などに相談することをオススメします。

 

その2 諦める前に、十分時間を費やしたのか確認する

時間設定

次は、正しい努力を続けているのに結果が出ない場合です。

例えばスポーツ選手や芸能系の仕事などは、まさにそうですね。あとは大学での研究も当てはまるのかもしれません。

このパターンでは努力が確実に結果に結びつくとは言えず、大事なのは「諦めるタイミング」となります。

努力の方向性が間違っていないとするならば、あとはどれだけ時間を費やすかの話です。

 

そうは言っても、時間は有限です。

ダラダラと時間だけ掛けて、結果が出ないまま諦めることになってしまっては元も子もありません。

ゆえに最初にどれだけ時間を掛けるのかを決めておくことが肝心です。

 

例えば、大学受験などがいい例です。

志望校に合格することを夢見て「何浪してでも受かってやる!」と考えるよりも、「最大で2浪まで!それまでに受からなければランクを下げる!」と自分に時間制限を設ける方が、結果として上手くいく可能性が高いです。

けれど忘れてはならないのは、時間制限の設定はよく考えて行うべきだということです。

 

設定した時間が短すぎれば、本来なら結果を出せるはずだったところが無意味に終わってしまいます。また設定した時間が長すぎれば、もはや後に引けなくなって取り返しのつかない状況に陥ってしまう可能性もあります。

この選択は、特に受験や研究においてとても重要です。自身の将来を大きく左右する可能性があるからです。

その1の最後でも言いましたが、こういう時こそ自分一人では決めずに、身近にいる人によく相談するべきだと思います。自分一人の主観的な視点だけではどうしても判断が鈍ってしまいます。自分以外の多くの人の意見を取り入れて、悔いのない選択をするようにしましょう!

 

その3 諦める前に、十分他者と相談したのか確認する

相談

社会人なら誰もが知っている言葉に「報・連・相」というものがあります。

何を今更当たり前のことを言っているんだという人も多いとは思いますが、一応説明しておきます。

はい。「報告・連絡・相談」の3つで「報・連・相」ですね!

 

意味は簡単に言えば、一人で勝手に判断して行動してはいけない。ちゃんと上司なりに経過を伝えた上で、仕事を進めていく必要があるということですね。

で、なぜそんな面倒なことをしなければいけないのかと言えば、自分一人では仕事にちょっとしたミスがあったとしても気が付くことが出来ない可能性があるからなんですね。そして、最初にちゃんと上司に伝えてミスを修正することができれば簡単に解決したはずの問題も、ミスしたまま自分勝手にどんどん仕事を進めていってしまうことで、後で発覚した時には取り返しのつかない事態にまで膨れ上がってしまうこともあるんです。

そんな事態を防止するために、日頃からちゃんと「報・連・相」を守る必要があるということですね。

 

そして、それは仕事だけに限らず、あらゆることに対して言えることでもあります。

人生で重要な選択を迫られる機会は幾度となく訪れます。もちろん、そのほとんどは誰にも相談せず、自分で一人で決めて何も問題はないです。自分の人生なのですから、その決断が他人の言葉で左右されるべきではないと考える人もいるかもしれません。

けれど、自分一人の力ではどうしても上手くいかない時には、他人を頼るべきだと思います

 

自分の思い通りに物事が進んでいない時は、焦りから余裕がなくなり、どうしても視野が狭くなってしまうものです。他人からみれば、すぐに分かるような簡単なミスに自分が気付いていないだけかもしれないのです。

自分では精一杯に努力して、そして時間も十分に費やした。

それでも上手くいかない時には、やはり身近にいる頼れる誰かに相談するのが一番だと思います!

 

その4 諦めてしまっても、悔いは残らないのか確認する

悔い

あらゆる可能性を試して、努力したとしても、思ったように結果が出ないこともあると思います。

全ての努力が身を結ぶなら、これ以上に嬉しいことはありません。しかし、そんなにうまくはいかないのが人生です。どこかで壁にぶち当たり、諦めるべきか迷う瞬間は必ず訪れます。

 

諦めるのか、それとも諦めずにもう少しだけ頑張ってみるのか。

どちらかを選ばなければいけなくなった時、まずは諦めて悔いは残らないのか、ということについて考えて欲しいです。後々になって、あの時もっと続けていたら良かったと後悔を引きずることほど苦しいことはありません。

自分の気持ちを誤魔化して、結果が出ないもどかしさから逃げるためだけに諦めるくらいであれば、納得が行くまで全力で立ち向かう方がいいと思います。

その方が、最終的に良い結果が出なかったとしても、その先の人生をサッパリとした気持ちで進んでいけると思います!

 

その5 諦めた、その先を考えているのか確認する

道の先

これまで色々と、諦める前に確認するべきことについて自分なりに考えてきました。

では、なぜそんなことを考えようと思ったのか?

 

その理由は簡単なことです。

原因を考えずに結果が出ないからと、すぐに諦めることを繰り返していれば、いつかは「諦め癖」が付いてしまう恐れがあるからです。

そして、諦めることに慣れてしまうと、新しいことに挑戦する意欲を失ってしまうかもしれません。

 

なので諦める前には出来る限り足掻いてみるべきです。

たとえ結果が出なかったとしても、その過程全てが無駄になることなどありえません。うまくいかなかったという経験を糧に、それまでに自分が費やした努力をいかにして次へ生かしていくかが、何より大事なのだと思います。

 

何か物事を諦めたとしても、すぐにまた新しい何かに挑戦する。

挑戦することを諦めさえしなければ、いくらでも成長出来ますし、より優れた結果を出すこともできるでしょう。

最初から成功する人なんていません。

簡単なことならまだしも難度の高いもので結果を出そうとすると、幾度にも及ぶ失敗の上に試行錯誤を重ねることで、ようやく結果が出るということもありえます。

諦めて、そこで立ち止まるのではなく、諦めたその先を見据えて、前へ前へと進み続ければ、必ずや最後には最高の結果を得ることが出来るだろうと思います!

 

まとめ

以上、物事を諦める前に確認するべき5つの項目でした!

大学院時代の研究に明け暮れていた頃を思い出しながら書いてみました。

本当にあの時は辛かった……。

どれだけ努力しても結果が出ないことほどキツいものはないですね。最後には良い結果を出せたから良かったものの、挫けそうになったことは一度や二度ではありませんw

けれど、結局はむやみやたらと行動するのではなく、論理的に考えて、原因を突き詰めていくしかないということですね。その結論として「もう絶対無理!」となったなら、諦めるにしても後悔を残さずに済みます。

勝手気儘に書いていったので、支離滅裂なところもあるかもしれませんが、少しでもお役に立てれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です