盛り上がる合コンのためにオススメな場所の選び方

乾杯

合コンを成功に導くために意外と「お店選び」は重要です。

どれだけ盛り上げ上手で優秀なメンバーを集めても、お店の雰囲気が良くなければ、その能力を存分に発揮することは出来ません。けれど、合コン慣れしていない幹事がお店選びをする時には、結構適当に選んでしまいがちです。

安くても駄目だし、高すぎても駄目。雰囲気が悪い店は嫌だし、うるさすぎる店も論外でしょう。その他にも考えるべきことは沢山あります。

 

どれだけ女性陣を楽しませる話術を持っていたとしても、お店選びが悪くて、初っ端で女性陣のテンションを下げてしまえば、やはりなかなか挽回するのは大変だと思います。そして、逆にいえば女性陣を楽しませる能力に自信がなかったとしても、お店をしっかりと選定しておけば、それだけで合コンを成功させる可能性をグンと上げることが出来るということです!

どうせ合コンをするなら、出来る限り楽しい雰囲気で飲んで騒ぎたいですよね。

そこで今回は合コンの時に使えるお店選びの条件と押さえておくべきポイントについて紹介します!

 

その1:お店選びの基本! 駅から徒歩で近い場所にあるお店を選ぼう!

徒歩

最初のポイントは「駅からの距離」ですね。

女性は合コンの時、男性陣に少しでも可愛く見てもらいたいのでオシャレに着飾ってきます。そして、素敵な服装ほど動きやすさを犠牲にしているものなんですよね。特にハイヒールは歩く速度も遅くなるし、長い距離を歩くのには全く向いていません。

そもそも「お店が遠く、交通の便が悪い」というだけで気が利かない印象を持たれる可能性もありますし、確かに実際その通りですよねw

 

もし貴方が「賑やかな街並みから少し外れた所にある隠れ家的なお店を紹介したい!」と思っても、それは合コンで仲良くなった後にしましょう。最初のファーストコンタクトでは何より重視すべきは第一印象です。

相手がどんな格好で来るかも分からず、また道に迷う可能性も否定はできないのですから、少しでも気を利かせて、駅から近くて、分かりやすい場所にあるお店を選ぶようにしましょう!

どうしても少し駅から離れたお店を指定したい場合は、必ず駅で待ち合わせて一緒にお店に向かうようにするといいですね。そうすれば女性陣が道に迷う心配もなく、会話しながらであれば多少歩いても気は紛れます。心遣いに気を付ければ、一気に女性陣からの評価も良くなるかもしれませんよ!

 

その2:合コンの最大の敵は喧騒だ! 個室があるお店を選ぼう!

個室

お店選びでまず最初に確認するべきは、個室があるかどうかです。

仕切りのないお店では、別のお客さんの声がうるさくて女性陣の声が聞こえづらかったり、会話に集中できないことが多いです。特に初対面同士なんですから、一層静かな方がいいです。自己紹介の時に名前を聞き返したりしたら、やっぱり相手も気にすると思いますしねw

また女性の中には、周りの目を気にする人もいます。開放感があるのは良いことでもありますが、ガヤガヤと騒がしすぎると他に目がいきやすいですからね。もちろん、例えば「横のテーブルのご飯美味しそうだね。頼んでみる?」みたいに、外部の情報を会話のネタとして利用できるという意味で、開放席にもメリットはあるのですが、デメリットの大きさを考えるとやっぱり個室の方が良いかな、と思います。

 

ちなみに開放席のメリットは、逆に言えば個室のデメリットということになります。

完全個室は周りを気にせずに会話に集中できるのがメリットですが、逆に話題が途切れてシーンとなってしまった際に気まずくなってしまう恐れがあります。初対面の男女である以上、常に会話が盛り上がるとは限らないですからね。

なので、面白く盛り上げるような話術にちょっと自信がない、余りに静かすぎるのは苦手だ、という場合には、壁やすだれなどで仕切られている半個室を利用するのも一つの手です。

うるさすぎる事もなく、静かすぎる事もなく。適度な周囲の賑やかさもあって、緊張していても話しやすい雰囲気を作れると思いますよ!

 

その3:美味しい料理があればテンションも上がる! 豊富な飲み物メニューも大事だぞ!

カクテル

初対面の男女で集まる合コンでは、なかなか盛り上がる話題を見つけるのが難しいですよね。相手のことを何も知らない以上、会話の切り口となる共通の話題をどうしようか、悩んだ経験のある方も多いはずです。

そんな時、「美味しい料理」というのは絶好の話題になります。

美味しい料理を食べると、気分が良くなってテンションも上がりますし、そりゃあ口も軽くなるってもんですよね。体育会系の野郎共の集いじゃないんですから、何をおいても「量より質」で、できる限り美味しい料理を出してくれるお店を探しましょう。

 

逆にチェーン店や食べ放題の店はやっぱり良くないですよね。

適当にお店選びをした感じもしますし、料理にも驚きや新鮮味がなく盛り下がってしまう可能性が高いです。別段、高級店である必要はないんです。「この店は美味しくてオススメだから選んだんだよ」という気持ちが大事です。それだけで女性陣も嬉しく思うでしょうし、印象も良くなると思いますよ!

また飲み物に関しては、メニューが豊富なところの方がいいですね。

お酒が苦手な女性は多いですし、カクテルの種類が多ければそれだけ選ぶのが楽しくなるものです。カクテルの知識があれば、そこでもまた一つ話題が作れますしねw

 

その4:程よい明るさが良い雰囲気を醸し出します。照明に注意してお店を選ぼう!

間接照明

続いては、「こんな所にまで気を配る必要あるのか!?」と思われるかもしれませんw

照明の明るさについてです。

細かいことではありますが、照明の明るさに注意することで、一層良い雰囲気の中で合コンを進めていくことが出来ます。

会社のオフィスや学校の教室のように明るい蛍光灯の下では、なんとなく落ち着かないですよね。やっぱりオレンジ色の間接照明がしっかりと効いたお洒落な空間の方が、素敵なムードになりますし、料理やお酒もより美味しそうに写ります。

 

また明るい照明よりも、少し薄暗めの間接照明の方が見た目が良いように見える効果があります

女性は化粧のノリを気にすることなく綺麗に見られるので会話に集中できますし、男性陣にとってもイケメンに見られるのでお得です。何度も言っている通り、合コンでは第一印象が何より大事なので、見た目がよく見えるというのが凄く重要ですよ!

けれど、一つだけ注意するべきことがあります。それは過剰な暗さです。

余りに照明が暗すぎると、下心があるように疑われる可能性がありますからね。間接照明を使用しているお店の中でも、1次会では少し明るめ2次会では少し暗めと、うまく使い分けるようにすると良いかもしれませんね。

 

その5:気を配るべきはお店の中だけではないです。お店周辺の雰囲気にも注意しよう!

街並み

1次会で盛り上がった後には、引き続き2次会でより深い話をしたいですよね。

予約をして万全の態勢で挑む1次会と違って、多くの場合、2次会はアドリブでお店を決めていくことになります。

けれど、2次会のお店を決める時にモタモタと時間が掛かるのもかっこ悪いですよね。特に寒い季節だと、お店を探して回っている間に酔いも覚めるというものです。

 

なので、1次会のお店を決める時には、2次会のこともよく考えてお店を選ぶようにしましょう。

理想は、できる限り周辺に2次会に使えるようなバーが多くある場所がいいですね。お店の選択肢が少なければ、その分席が埋まっている可能性も高いので注意しましょう。

 

また当然ではありますが、風俗街が近い場所はダメです。

気にしない人も多いとは思いますが、客引きに絡まれたりする可能性もありますし、やっぱり治安も良くないことが多いですしね。あえて選ぶメリットがない以上、避けるのが無難だと思います。

他の項目と比べれば優先順位は低いですが、少しだけでも気に留めておくといいかもしれません。

 

その6 座敷席は女性に不人気です。テーブル席のあるお店を選ぼう!

テーブル席

次はお店の席についてです。

席には、椅子付きの「テーブル席」座布団に座る「座敷席」がありますが、合コンの時にはできる限りテーブル席を選ぶようにしましょう。

座敷席の場合、ロングブーツを履いてきた女性がいれば着脱に時間が掛かりますし、短めのスカートを履いてきていれば座り方に神経を使います。更に言えば、靴下の柄や足の匂いなどを気にする女性もいますし、何より男と違って女性陣は胡坐をかけないので、ずっと座っていると足が疲れてきてしまいますよね。

以上のように座敷席は女性陣に気を使わせるばかりで、合コン的に言えばデメリットの方が多いです。敢えて座敷席を使うメリットもそこまで見当たらないので、可能であればテーブル席があるお店を選ぶようにしましょう。

なお、座敷席のお店だとしても「掘りごたつのあるお店」であれば、まだ大丈夫です。靴の着脱は必要にはなりますが、それ以外の問題点はとりあえず解決されることになりますからねw

 

まとめ

以上、盛り上がる合コンのためにオススメな場所の選び方でした。

せっかく合コンするのであれば、楽しくて盛り上がる合コンにしたいですよね。

合コンを成功させるためには、当然のことながら男性メンバーの巧みな話術が大事です。けれど同時に、お店選びにもしっかりと力を入れると、それだけでぐっと成功率を高めることが出来るかもしれません。

ぜひ今回の記事を参考にして、合コンをお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です