合コンによく誘われる男になるために必要な8つの条件

合コン

社会人になると、意外と出会いって無いものですよね。

社内の男女比に偏りがある場合や、そもそもの社員が少ない場合、年齢的に若い社員が少ない場合など、職場で出会うのが難しければ、あとは社外に希望を託すしかありません

そんな時に、手っ取り早く新たな出会いの場を作ることができるのが合コンです。

 

けれども中には

「行きたいけど、なかなか合コンに誘われない……」

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

出会いが少ない男性にとって合コンは死活問題

開催される際には、是が非でも参加したいですよね。

しかし世の中には、多くの友人から「合コン来ない?」と頻繁に誘われる男性もいれば、過去の合コンでの振る舞いや日常生活の態度で「あ、こいつは合コンには誘えないな」とスッパリ足切りされてる男性もいます。

そこで今回は、『どのような男性が合コンに誘われやすいのか』について考えていこうと思います。

是非、この記事を参考に出会いのチャンスを広げていきましょう!

 

その1:細かい気配りができる男

気配り

グラスが空いている人にさりげなく次のお酒を勧められる。バッグの置き場所、コートを掛ける所に困っている人に手を貸してあげる。料理の取り分けも女性任せにせず、ちゃんと手伝ってあげる。

などなど、合コンの時に細かい気配りができる男は重宝されます

ベタな手段に思われるかもしれませんが、気を使われて嫌な気持ちになる人はいませんし、困っていることに気付かれずにスルーされた女性はモヤモヤとした感情を合コンの間、ずっと引きずることになるかもしれません。

 

初対面の相手に気を使えるのは、人間として常識と言っても過言ではありません。

恐らく、合コンに参加する男性は誰もが気をつけようと心掛けていることでしょう。

けれど、お目当ての女性がいたり、楽しい会話に夢中になってしまうと、なかなかメンバー全員に気を回すことが難しくなってしまいます。そんな中、冷静にテーブル全体に気を配れる男性は、合コンの幹事から信頼されること間違いありません!

 

その2:お酒で悪酔いしない男

お酒

合コンでは、初対面同士で飲み会をすることになります

いきなり知らない人同士で飲み始めて、すぐに会話が弾むかと言えば、なかなか難しいのが現実でしょう。最初は緊張してしまうのも仕方がないと思いますし、無理してテンションを上げようと、いつもより早いペースでお酒を飲んでしまうのもよくあることかもしれません。

確かに、お互い早く打ち解けるために、お酒を飲んで楽しい雰囲気を作ることはいいことです

 

けれど、お酒を飲みすぎて過剰に酔っ払ってしまうのは絶対に駄目です。

たまに「お酒が強い方がモテる」と勘違いして、無理な飲み方をする男性がいますが、完全に逆効果です。ホロ酔い程度ならともかく、一人でも酔い潰れてしまっては、その合コン全てが大失敗に終わってしまいます。

合コンで泥酔して、迷惑をかける男ほど邪魔な存在はありません

自分の限界を知り、そんな酔い方をするのは絶対に避けるようにしましょう!

 

その3:幹事にお礼が言える男

お礼

合コンを企画してくれる幹事は、男性メンバーにとって大変ありがたい存在です。

幹事は、メンバー集め日程調整から店のリサーチ予約に至るまで面倒な作業を全て一人でこなしています。合コンの成否や楽しさがどうだったにせよ、終わった後には労いの言葉を掛けるようにしましょう

また当然ですが、失敗だったなと思う合コンだったとしても、幹事に駄目出ししたり、文句を言ったりするのは論外です。失敗に終わったことを一番気にしているのは幹事なのですから「誘ってくれてありがとう」とフォローしてあげることが大事です。

「こいつはもう誘いたくないな」と思われないように、しっかりと幹事に対して、言葉と行動で感謝を伝えるようにしましょう!

 

その4:会計の時にケチらない男

ケチ

終わりまで凄く盛り上がった合コンだとしても、最後の会計時に女性陣と揉めてしまったら、それまで慎重に築き上げてきた全てが瓦解してしまいます

多少男性メンバーが多く払うことになったとしても、サッとお金を払う方が、見た目にもスマートですし女性ウケもいいでしょう。

逆にグズグズと時間を掛けるようであれば、それだけで雰囲気が悪くなりますし、次も誘われる可能性が一気に減ってしまいます。合コンにはお金が掛かるものだと割り切って、ある程度の出費であれば気にしない器の大きさを持つようにしましょう!

 

その5:場を盛り上げられる面白い男

面白い

初対面の男女が集まる合コンの場では、緊張してなかなか会話が続かないことも多いです。更に悪くなると完全に会話が途絶えて、恐ろしいほどの沈黙で場が満たされたり……

そんな状況を打破し、しっかりと場を盛り上げてくれる面白い男は合コンにおいて凄く重宝されます。

「面白さ」はなかったとしても、女性陣を飽きさせることなく会話を続けられる巧みな話術や、初対面だったとしても気安くツッコめるような天然ボケやいじられ系など、場を盛り上げて、イイ感じの雰囲気を作れる能力が合コンでは求められます。

けれど注意点を一つ!

面白さと言っても、内輪ネタ下ネタを使った笑いは合コンではNGなので注意するようにしましょう!

 

その6:誘われたら絶対に断らない男

OK

合コンの幹事にとって、一番大変なのは男性メンバー集めです。

女性側を含めて全員の予定を聞いて、それに合わせて日程調節を行う必要があるのです。考えるまでもなく、相当な負担ですよね。

そんな中、予定はいつでもOK誘われたら絶対に断らないタイプの男性は幹事からすれば凄く助かる存在だと言えます。そんな男性がいるだけで日程調整はしやすくなるし、ドタキャンのリスクも減らせます。

合コンにおいて「確実に参加出来ること」もまた、重要な能力と言えるのかもしれません。

 

その7:どんな合コンでも楽しく過ごせる男

楽しく

全ての合コンで、自分好みの女性が来るとは限らないですし、全ての合コンが楽しく盛り上がるとも限りません。時には、相手のノリが悪い合コンに遭遇することもあるでしょう。

けれど、だからと言って、こちら側が不貞腐れたり、機嫌が悪くなったりするのでは、一層つまらない合コンになってしまいます。どんな合コンだったとしても、その場を楽しい空気にすることに全力を注げる男性は、幹事含めて男性陣みんなから強い信頼を得ることが出来ます。

常に明るさと楽しさを忘れない男性であれば、それだけ女性陣も楽しくさせることが出来ますし、もし最初に空気が悪くなってしまったとしても、いくらでも挽回することが出来ると思いますよ!

 

その8:マメに連絡を返してくれる男

連絡

合コンの幹事がメンバー集めや日程調整、場所選びなどをする際に、一番迷惑に感じるのは「連絡が遅い人」です。一人だけでも返答がないと、それ以上合コンの予定を進めていくことが出来ません

加えて、連絡が遅いということは「もしかして合コンに乗り気じゃないのかな?」「 実はあんまり参加したくないのかな?」なんて幹事に思われてしまっても仕方ありません。

合コンで大事なのは「ノリと勢い」です。

積極的に連絡を取り合って、ガンガン進めていった方が合コンの予定もすぐに決まりますし、全員のテンションも高い状態を維持できます。マメに連絡することを面倒臭がって、幹事に次から誘うのをやめようと思われないように注意しましょう!

 

まとめ

以上、合コンによく誘われる男になるための8つの条件でした。

見てわかる通り、そんなにレベルの高いことは要求されてなく、合コンする相手のことや企画してくれる幹事、一緒に参加するメンバーのことを考えれば自然にクリア出来るようなことばかりです。

合コン時だけではなく、日頃から明るくて思いやりのある男性になることを意識して、ぜひ合コンによく誘われるような男になりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です