合コンで失敗しないために心得ておくべき7つの極意

失敗

合コンは出会いを求める男女が参加するイベントです。

ゆえに彼女を作る絶好のチャンスではあるはずなのですが、意外と上手くいかないことも多いですよね。

「合コン後に連絡しても既読スルーされる……」

「明らかに終電まで余裕あるのに2次会に来てくれなかった……」

などなど、合コンに参加してもいつも失敗ばかりだと言う人は、そもそも何かしらのNGな行動を気付かない内にしてしまっている可能性があります。

そこで今回は、合コンで失敗しないために心得ておくべきことについてご紹介します。

 

その1:悪酔いしないように気をつける

悪酔い

合コンでは、お酒を飲みながら楽しく会話をするのが基本ですよね。

お酒を飲むと緊張がほぐれて、更に気分も良くなるので、会話が盛り上がりやすくなります。

ゆえにお酒は合コンを成功に導くための必須アイテムなのですが、同時にまたお酒は合コンを大失敗にしてしまう可能性をも秘めています。自分でペースを考えて、ほろ酔い程度で楽しむ分には良いのですが、つい羽目を外して飲み過ぎてしまわないように注意するべきです。

 

なぜなら、女性が嫌いな男性の中でも上位に上がるのは『酒癖の悪い男』だからです。

介抱が必要なほど見苦しい姿を見せたり、悪酔いして他人に迷惑を掛ける言動をしてしまうのは、合コンにおける最悪の失敗パターンと言っていいでしょう。

その場の雰囲気や会話の盛り上がり次第でどんどんお酒が進んでしまうのも理解は出来ますが、女性陣を幻滅させないためにも、自分のお酒の強さをしっかりと把握して、悪酔いしない程度に抑えるようにしておきましょう!

 

その2:下ネタに気をつける

NG

合コンが進み、ある程度緊張が解けてきた時に、ちょっとした油断からしてしまいがちなミス。

それが下ネタです。

もちろん最初から全開で下ネタトークを飛ばす剛の者もいますが、そんな異常事態は稀でしょう。普通の合コンでは、お互いに程よく酔いも回ってきた中盤以降から下ネタを言い出す男が出てきます。

 

けれど、これは本当に注意が必要です。

女性の中にはとてつもなく下ネタ嫌いな人もいますし、下ネタが苦手じゃないにしても、やっぱり反応に困ってしまいます。なんて言っても初対面同士ですからねw

 

恋愛トークの中で多少ソフトな下ネタが登場することはあっても、特に意味もなくただ笑いを取りたくて下ネタ連発とかは絶対にやめておいた方がいいでしょう。女性によっては下ネタ大好物のタイプもいますが、そこから恋愛に発展するとは到底考えられませんし、合コンの目的を考えるとやはり失敗で終わる可能性が高いです。

自分で下ネタを言わないように気をつけることは当然ですが、周りの男性陣にも気を配って、下品な雰囲気にならないように注意しましょう!

 

その3:無表情+無口に気をつける

無表情

あまり感情を表に出さない寡黙でクールな男はモテる。

少女漫画では定番のモテ男像ではありますが、これこそ正に「イケメンに限る」ってやつです。

百歩譲って日常生活ではそんなタイプの男性も悪くはないのかもしれませんが、合コンという場においては間違いなくNGです。

 

相手のことを何も知らない初対面の男女が、いきなり飲み会をするのが合コンなんです。いつも以上に相手に興味を持って会話するように心掛けないと、お互いに黙り合ってしまう様な状況になりかねません。

合コンを成功させる上で最重要なのは「女性陣を退屈させないこと」これに尽きます。

 

面白いことを言ってもいいし、女性の話しを上手に聞いてあげるのもいいです。

けれど黙って会話に入ってこないのだけは絶対に駄目です。話すのがどうしても苦手だという人は、会話の主導権は女性に譲って簡単な相槌程度でやり過ごすのもいいでしょう。けれどその際にはしっかりと笑顔を出すことが大事です。言葉が出てこなくても、表情で相手に興味があること、会話を楽しんでいることを伝える。それだけで女性も話しやすくなりますし、雰囲気も良くなるでしょう。

無表情+無口のコンビネーションは、合コンを完膚無きまでに壊滅させます。何卒ご注意を!

 

その5:俺様トークに気をつける

俺様

「俺様トーク」もまた、合コンで結構やってしまいがちな失敗パターンです。

俺様トークとは、自慢話や武勇伝、自分の好きな話題などを女性陣の興味が薄れて、場の雰囲気が冷え切ってしまっているにも関わらず延々と続けてしまうことです。

更に態度まで大きくなってしまうとパーフェクト!役満ですね!

 

アルコールが入ると気が大きくなって、つい自慢話をしてしまいがちな男性は多いと思います。特に気に入った女性がいた場合には、格好つけようと張り切って、一層ベラベラと自分の凄さについて語ってしまう人の多いこと多いこと……。

その4で言った通り無言も駄目なのですが、相手の反応を見ずに一方的に話すのも当然ながらNGです。

会話はキャッチボールですからね。しっかりとお互いに楽しくボールを投げ合う様にしましょう!

 

その6:スマホいじりに気をつける

スマホ

最近の飲み会でよく見る光景なんですが、少しでも会話が止まったり、話題が尽きるとみんなスマホをいじりだすんですよね。もちろん何度も飲み合っている様な気心が知れた関係なら、そんなダラダラとした飲み会もアリなのかもしれません。

けれど、当然ながら合コンでは絶対にNGです。

 

その3で言った通り、合コンの鉄則は「女性陣を退屈させないこと」です。

その点、スマホいじりは最悪だと言っていいでしょう。自分が退屈であるとアピールしていることになるし、女性陣に退屈を強いることにもなるからです

 

相手の気持ちになって考えれば簡単に分かります。

こっちが話しかけてるのに、女性陣はスマホの画面に視線を向けたまま、適当に相槌を打つ。こんな態度を取られればイラつきますし、当然楽しい飲み会にはなりませんよね。

連絡先の交換を狙ったり、話のネタとして見せたい写真があるなどの場合は別ですが、なるべく飲み会の間は女性陣との会話に集中して、スマホは触らない様にしておきましょう!

 

その7:笑いの取り方には気をつける

面白い

合コンは女性陣を楽しませてなんぼです。合コンが失敗に終わる原因の大半は、うまく場を盛り上げることが出来ていないからです。なので参加する男たちはあらゆる手段を使って笑いを取りにいくことになります。

けれど笑いのネタには十分に注意しないといけません。

 

下ネタ身内ネタ過剰ないじりネタ男性側からすれば面白くても、女性陣からすればつまらないことが多いです。下ネタは苦手という女性は意外と沢山いますし、身内ネタは知らなければ面白さが伝わってきません。いじりネタは多少ならば場を盛り上げてくれますが、あまりにしつこいとうんざりしてしまいます。

笑いを取りにいく時には、共通の話題で、かつ誰も不快にならないようなネタを選ぶようにしましょう!

 

まとめ

以上、合コンで失敗しないために心得ておくべき7つの極意でした。

合コンは個人戦ではなく集団戦、必要なのは個の力ではなく、お互いに協力し合うチームワークです。

気が緩んで失敗してしまっても、うまくフォローを入れることができれば、いくらでも挽回可能です。絶対に駄目なのは「やったぜ、これであいつの印象は悪くなったな!」なんて互いに蹴落とし合うこと。

合コンという出会いの場において最重要なのは第一印象です。そのためにも、「女性が嫌いな男性」にならないように注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です