疑問解決! 合コンが成功しやすい理想的な人数比について考えてみた!

合コン人数アイキャッチ

合コンを開催する際、最初に考えることになるのは「合コンに参加する人数」です。

けれど、いつも僕は迷ってしまうんです。

「合コンの参加人数って、何人が一番成功しやすいんだろう?」

 

合コンは、人数によって席の配置から場の雰囲気まで大きく左右されます。

自分が参加する合コンはできる限り楽しい方がいいですし、また自分が幹事をする合コンでカップルが誕生すれば、この上ない達成感と喜びを味わえます。そして、ついでに言えば、間違いなく誘った友人からは感謝されることになるでしょう。

せっかく開催するのであれば、より盛り上がって、参加者みんなが楽しくなれる合コンの方がいいですよね?

 

今回は、合コンで最もオススメとする人数比を、メリット・デメリットを含めてご紹介していきます。

是非参考にしてベストな合コン人数を決めて下さいね!

 

第1位:合コン最適の黄金比率、『3対3』

女性ソロ飲み

まずは第1位、これは間違いなく3対3です!

恋愛的な出会いを目的とした合コンでは、3対3が最も成功率の高い黄金比率だと言われています。その最大の理由は、男女6人が「ギリギリ全員で1つの会話を共有できる最大人数」だからです。

例えば4対4の合コンの場合、2対2のグループが2つ出来上がるように、偶数同士だとそれぞれ個別のグループに分かれてお喋りをしてしまいがちです。それに対して3対3の奇数同士ならば、全員で1つの話題を共有する事が出来ます。端っこ同士も余裕で話せるくらいの距離感ですしね!

 

また自分が幹事の場合には合コンの流れをコントロールしやすくなるのも利点です。

誰にでも気安く声を掛けられる距離感なので、会話に入れていない人を上手くフォローして全員で楽しい時間を過ごす事が出来ますね。

 

最後に、人数を集めやすく、最悪当日に一人ドタキャンになったとしても開催可能なのも魅力ですね。

急ぎで合コンを開催したい時は、予定の空いている人を探すのが大変です。けれど3対3ならば、そこまで苦労せずに参加メンバーを見つけられる適度な数だと思います。また、もし一人ドタキャンしてしまって2対3の状況になってしまったとしても、男側がうまく盛り上げれば難なく合コンを進めていけます。

目立ったデメリットもなく、調整も行いやすいので、まずはこの人数で合コンに慣れていくのがベストですね!

 

第2位:合コン安定のド定番、『4対4』

飲みシャンパン

続いて第2位、合コンの定番人数4対4です。

4対4の合コンは、比較的バランスも良くて、一度にたくさんの人と出会えるのが魅力ですね。

出会える人数が少なければ、自分の好みに合った人と出会える可能性も少なくなってしまいます。とはいえ5対5を超えてしまうと逆に人数が多すぎて、理想の相手がいたとしても話せない可能性が出てきてしまいます。しっかり全員と話すことが出来て、なおかつ良い相手と出会える可能性を出来る限り高くする。そういう意味では4対4の合コンが最適ですね。

 

けれど、4対4の合コンのデメリットとして、しっかりと事前に考えておくべき事があります。

それは「席順」です。

4対4の合コンは席順によって成否が決まると言っても過言ではありません。盛り上げ役が片方に偏ると反対側がつまらなくなりますし、なるべく声の小さな人はみんなに声が届くように、真ん中に置いてあげるべきでしょう。面白い盛り上げ役をどこに座らせるかも重要ですね!

 

また幹事になると合コンのコントロールもなかなかに大変です。4対4の場合、とにかく端同士がすごく絡みにくいので、しっかりとフォローしてあげる必要がありますし、せっかく気になる人がいても席が離れていると仲良くなれない可能性があります。席替えの提案や、全員で話せる話題を用意するなどして気を使ってあげるのも大事ですね!

4対4の合コンでは大人数ならではの苦労も多いですが、それ以上に盛り上がった時の一体感は格別です!

合コンに慣れてきたり、仲の良いメンツを集めることが出来る時にはオススメです!

 

第3位:しっとりと少人数で楽しみたい方へ、『2対2』

女性二人笑顔

第3位は2対2、ここからは結構珍しいかもしれませんね。

2対2の合コンのメリットは、合コンは少し苦手だという方にも勧めやすいって事ですね。

人数が少ないため、合コン特有のチャラチャラしたノリになりにくく、落ち着いた雰囲気で話す事が出来ます。ゆえに合コンに抵抗がある人でも誘いやすいですし、また2対2合コンの場合、幹事は互いに仲の良い友達を誘う可能性が高いため、会話も盛り上がりやすいです。

大人数だと一人ひとりと話をするのが難しく、どうしても全体に向けた会話になりがちですが、少人数だとじっくりと話が出来るのも魅力です。また少人数な分、日程調整や段取りがしやすいのも良いですね。

とにかく2対2合コンをまとめると、合コン全体を簡単にコントロール出来て、大失敗の合コンにはなりにくいのが一番のメリットだと思います。

 

一方、少人数ゆえのデメリットとして、一度に出会える人数はやっぱり少ないです。

ゆえに、自分の好みの異性に出会える可能性も低くなります。また少人数な分、男側は二人共がしっかりと話せる人じゃないと、なかなか楽しく会話を続けるのが難しいです。人見知りや消極的で初対面の人とはあまり話せないという人は、2対2の合コンは向いていないかもしれませんね。

2対2の少人数合コンは、じっくりとお互いの事を知っていきたい慎重派な方にオススメです!

 

まとめ

基本的に合コンは上記にあげた3つの選択肢の中から選ぶことをオススメします。

5対5以上の人数はやめといた方がいいです。名前を把握するのも難しいですし、全員としっかり話をすることも出来ないでしょう。また日程調整も難しく、ドタキャン率も高くなります。幹事としても人数が多すぎると場のコントロールがやりにくくて、参加した全員が楽しいと思えるような合コンにするのがすごく困難です。

また合コンの人数は大事ですが、連れていく男性メンバー選びも大事です。しっかりとこだわって、楽しい合コンにしていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です